スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<心肺蘇生>胸押し続けて 人工呼吸しなくても効果…京大(毎日新聞)

 心肺蘇生には人工呼吸より、とにかく胸を押し続けて--。従来の救命措置の“常識”を覆す簡単な手法の普及に京都大の石見拓(いわみたく)助教(救急医学)らが取り組んでいる。「救命措置法の普及の壁を破る手法」として海外での評価も高く、今年秋には国際指針となる見込みという。

 事故などで心肺停止に陥った時、蘇生が1分遅れると救命率が約10%下がるとされる。日本救急医療財団は一般の人向けに、人工呼吸と、胸部を一定のリズムで圧迫する心臓マッサージとを組み合わせた心肺蘇生法のガイドラインを策定しているが、口と口をつける人工呼吸への抵抗が根強く、普及は頭打ちになっていた。

 石見助教らは、病院外で心停止した大阪府の18歳以上の男女約4900人の1年後の状態を、心臓マッサージによる胸部圧迫だけと、人工呼吸を併用した場合とに分けて調べた。その結果、胸部圧迫だけでも4.3%が脳機能を回復しており、人工呼吸を併用した場合の4.1%と差がなかった。胸部を押すことで脳にも血液が送られたとみられる。

 この成果を受け、石見助教はNPO法人「大阪ライフサポート協会」(大阪市)とともに胸部圧迫の訓練キットを開発、09年から講習会を各地で実施。6月20日には大阪市東淀川区でも開く。

 心肺蘇生法の国際指針に影響力を持つ米心臓協会もこの結果に注目。既に米国内では心肺停止した大人には、胸部圧迫のみの蘇生法を指導しており、秋に公表予定の新国際指針でもこの蘇生法が採用される見通しだ。

 日本救急医療財団の島崎修次理事長(救急医療)は「人工呼吸は心肺蘇生法普及の壁となっていた。いずれ日本のガイドラインも変更されるだろう」と話す。講習会の問い合わせは大阪ライフサポート協会(06・6370・5883)。【林田七恵】

【関連ニュース】
救急医療:カンボジアから医師2人が来県、救急システムなど学ぶ /香川
救命救急センター:三重大病院を指定 来月から運営開始 /三重
鈴木・浜松市長:マニフェスト自己評価「88件中64件達成」 /静岡
救急車:安易に要請、抑制へ有料化検討 県市長会、9月末めどに答申 /静岡
瀬戸際の救急医療:/上 伊賀地域、医師不足深刻 /三重

小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調(産経新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
CD制作、安価に手伝い=市施設でプロ仕様の音を―大阪(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:やないとしおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。